〜ケロポンズとフジロック。〜

「ケロポンズ」とは、子どもも大人も楽しめる、笑いあり、歌あり、あそびあり、体操あり、ミュージックパネルあり、なんでもありのステージを全国で繰り広げ、その面白さは宇宙的と評判の増田裕子と平田明子からなるミュージック・ユニット。そのケロポンズが生み出した「エビカニクス」は今夏、保育園、幼稚園、学校をはじめ、イベントやお祭りで最も踊られるであるはずの楽曲で、YouTube動画再生回数はまもなく1300万回にリーチするほどの人気を誇っており、7月13日にはメジャー第一弾アルバム『おどってあそぼう!! ケロポンズBEST』も発売されるのにもかかわらず、あまりの人気ぶりに7月1日から緊急先行配信されるなど、何かと話題の二人。

テレビ朝日系「ミュージックステーション」にも取り上げられるなど、今やメディアにコンサートに引っ張りだこのケロポンズですが、フジロックには2013年から連続4年で出演されている、縁の深いミュージシャンなのです。

現在、全国を飛び回る過密スケジュールにも関わらず、【こどもフジロック】のために2時間にわたるロング・インタビューを受けてくれました。

今回は、その前編となる「ケロポンズとフジロック。」をお届けします。

KEROPONS_ARTIST_PIC_resize

フジロック初出演が2013年のケロポンズですが、それまではフジロックに対してどんなイメージでしたか?

ケロちゃん(ケロちゃんこと、増田裕子)

フェスの王様だと思っていました。

出演依頼がきたとき、どう思いました?

ケロちゃん

まず、長靴を用意しました。

モノですか(笑)?

ポンちゃん(ポンちゃんこと、平田明子)

そうそう! 山なんですよねってことで、カッパとポンチョを買いました。

ケロちゃん

まずは形から入ったんですよ。

(笑)。気持ちの面ではどうでした?

ケロちゃん

すごく嬉しくて、テンションは富士山くらいに上がりました。

ポンちゃん

わたしは「えーっ、ホントに?!」ってちょっと信じられない気持ちでした。

ケロポンズのカラーとは違うんじゃないかと思われませんでしたか?

ケロちゃん

正直思いました。わたしたちはロックじゃないし、ゆるいし、大丈夫かな? って思いましたけど、子どもたちがいるっていうことを聞いてそれなら行ってみようかと。

ポンちゃん

うんうん。それならできるかもって、ね。

初めてフジロックのステージに立たれてどうでした?

ポンちゃん

緊張はしていたけど、ステージに立ったら木々の間から風が吹いていてすごく気持ちがよくて。お客さんの表情もとってもよくて。パワーもらいました。

ケロちゃん

「エビカニ」(「エビカニクス」)を踊っていたら道行く人がなだれ込んできて、わたしたちのことを全く知らない人たちも一緒に踊ってくれてうれしかったです。森の中だと大人の人たちも解放されるんじゃないかな。多分あれがビルの中だったら絶対やらないんですよ。フジロックの、AVALONのあの雰囲気の中だから、まるで魔法がかかったみたいに踊り出してくれて。

ポンちゃん

そうそう、大人だけで来ている人たちも最初から踊ってくれて!フジロックのお客さんからは何かエネルギーみたいのを感じるよね。

ケロちゃん

他にはない反応だよね。あと普段ならコンサート後は会わないけど、フジロックだと3日間もいればお客さんとも会うじゃないですか。「ケロポンズさん!」って肩叩かれて「良かったですよ!今年も AVALON観に行きます!」ってみんなが声をかけてくれる。WHITE STAGEでビール飲んでる人から「写真いいすか?」とかね(笑)

ポンちゃん

「あたしは保育士で、彼は違うんですけど−」っていうカップルもいたね。隣だからってことで一緒に呑んだりとかも。フジロックには触れあいがある。情報をシェアしたりもするし。

ケロちゃん

それって素敵だよね。みんなオープンだし。

keropons02

村の仲間のような、フジロック村の人々間での助け合いも多いですしね。

ポンちゃん

そうそう! そういう感覚かもしれない。

ケロちゃん

あとね、途中まで曇ってたのに最後の「にじ」を歌い終わりに本物の虹が出たんですよ! そのあと「HAPPY SONG」をやったんですけど最高でした! 自然に感謝です。

ポンちゃん

あんなことはフジロックでなきゃないよね。

ケロちゃん

うん、ないと思う。

ポンちゃん

魔法と言えば、たまたま入口のほうで舞台デザインの手伝いとしてフジロックに来ていた幼稚園で働いていたときの教え子がステージ裏に走ってきたんだよね。

ほんとに?! 

ポンちゃん

はい。ハアハア言いながら楽屋の前に立っていたので「ミズキ、どうしたの?!」って聞いたら「風に乗って『にじ』が聞こえてきたんだよ!」って。

教え子さんとフジロックで再会だなんて素敵。ステージ以外も見て回りましたか?

ポンちゃん

1年目は朝から晩まで観まくってくたくたになっちゃって(笑)。

ケロちゃん

ポンちゃんはもう立てないくらいになっちゃったよね。

ポンちゃん

疲れて坂道で歩けなくなって「もうここで寝るよ…」みたいな(笑)

ケロちゃん

でもそれがあったから2年目からは学習して体力と相談してプランを立ててまわったのでうまくいきました。(笑)。あと1年目は雨がすごかったよね。

ポンちゃん

でもさ、激しい雨が降ったり晴れたりする中で、みんながそのことを大して気にしていないことにも驚いた。ザーッと降ってきても慌てることなく子どもも大人もカッパをさっと着て。あれってすごい!

雨なら雨で、それを感じられることをよしとする人もフジロックでは多いようです。

ケロちゃん

考え方ですよね。ポジティブに思えばそうなるし、ネガティブに思えばどんどんネガティブにもなれる(笑)。でも、みんな積極的に楽しんでいて、音楽のテーマパークのような夢を見させてくれる森だと思いました。

ポンちゃん

あと音楽と同じくらい楽しみなのがご飯。2年目、3年目になると、あそこのあれは美味しいぞ、とか頭に地図ができる。お昼を食べるのはあそこで、食べた後にちょっとWHITEに行ってからTシャツ屋を少し覗いて、とかね(笑)。去年食べたどん吉BARのかき氷がおいしかったよね。ダイスのマンゴーがのってフワフワで。絶対今年も行きたい!あとはヘブンのピザも美味しかったな。

そのピザ、広末涼子さんも仰ってました。

ポンちゃん

ほんと? あれ、ほんとに美味しいよね。選べないくらい全部美味しい。

ケロちゃん

ヘブンの天然酵母のパンもおいしかったよね。

ルヴァンですね? 【こどもフジロック】では「こどもフジごはん」と題してオススメ店の紹介をする予定なんですよ。どのお店の方も熱く語ってくれています。公式ホームページには全100店舗が紹介されていますよ。

ポンちゃん

100店全部チェックしないと!

ケロちゃん

あちこち熱いね、フジロックは。

keropons03

Recommend

Start typing and press Enter to search