平井理央が語る、音楽、そしてフジロックへの想い

各界のキーパーソンたちが思いのままに<フジロック>を語り尽くす「TALKING ABOUT FUJIROCK」。今回登場するのは、平井理央さん。

フジテレビを退社後、平井さんはラジオのナビゲーターや雑誌での連載など、様々なメディアと表現を通じて “伝える”という生業の幅を広げている。フジテレビ在籍中の平井さんといえば、「すぽると!」のキャスターとして、幅広くスポーツと関わっていたイメージが強いかもしれない。しかし現在は音楽との接点も増え、独立後のある仕事がきっかけで<フジロック>を訪れるようになったという。

ジャンルを限定せずに確かな信念を持つ人たちと向き合い、その魅力を自分の言葉に変換して伝える平井さんにとって、<フジロック>はどんな意味を持つ場所なのか。音楽と関わる中で受けてきた影響を交えて、その醍醐味を語ってくれた。

明快な答えをくれるソーシャルアクションの素晴らしさ。

平井さんはナビゲーターを担当しているJ-WAVEの番組『WONDER VISION』で、過去に取材で<フジロック>を訪れていますよね。

平井 私の<フジロック>は2013年がはじめてで、番組で<フジロック>を紹介するために<フジロック>で取り組まれている、ボードウォークや「フジロックの森プロジェクト」といったソーシャルアクションをメインに取材させていただいたんです。金曜日から会場に入って、土曜日丸一日取材して、日曜日に生放送といった流れでした。

<フジロック>にはどんなイメージを持っていましたか?

平井 前職のフジテレビでは<フジロック>を毎年放送しているので、社内でポスターを見て、「今年も<フジロック>の時期なんだなぁ」と存在としては知っていました。情報として入ってくるのは過酷な自然環境との闘いというか、気を抜いたら痛い目を見ると聞いていたので、行く前は準備に余念がありませんでした。いろいろなモノを持って行った中で、一番役に立ったのはポンチョですね。

たしかにポンチョは身動きが取りやすいから、女性が好んで使っていますね。はじめて体験した<フジロック>の感想を聞かせてもらえますか?

平井 とにかく気持ちいい環境だなと思いました。自然を感じる中で遠くから音楽が聴こえてくるという会場全体が贅沢なステージなんだなって。ボードウォークの途中に木道亭がありますよね。ザ・ステージというよりも森の中の休憩所みたいな感じで、あの場所で観た畠山美由紀さんのライブが最高に素晴らしくて、美しい畠山さんの歌声と抜けのいい青空と緑、なんて贅沢な環境なんだろうと感動しました。いまでも畠山さんの歌を聴くと、あのロケーションを思い出しますね。

では、ソーシャルアクションという面ではいかがでしょう?

平井 とてもいい取組だなと思ったのは、去年自分たちが使ったペットボトルがゴミ袋という形で再利用されていることですね。自分がやったことがどうなったかという結果を感じられるソーシャルアクションは少ないと思うんです。例えば、マイボトルを持ち歩いているからといって、何が起こるのかを自分の目で確認するのはなかなか難しい。

あぁ、言われてみれば。自分の貢献を実感しやすいのは、目に見える結果があることだと思います。

平井 そうなんですよね。人って何か結果が見えていないと「これで合っているのかな?」と不安になってしまうことがあると思うんです。だから、ああいう形で翌年に明快な答えをくれるということが本当に素晴らしいなと思いました。<フジロック>に来た人が<フジロック>をホームと思う理由は音楽以外の部分にもあるんだなって。そういったところからも2014年はプライベートで行こうと決めたんです。

本当にホーム感が溢れているフェスだと思うんです。リピーターのお客さんが「ただいま」と言いたくなる気持ちがよくわかりますね。

平井 1年に1度しかないのに、そこに確かなコミュニティが生まれていて、しかもはじめて<フジロック>に行った人に対しても開かれているというか。長い歴史を持っているフェスは新参者には敷居が高いのかな、と思っていた部分もありますけど、実際に行ってみると居る人が本当に温かくて、トラブルが起きない空気感はすごいことだなと思います。クリーンとか譲り合いとか、日本のいいところが凝縮されていますよね。あんなに雨が酷く降っても、イライラしている人が居ないですし。

あんぱんと牛乳、ビールと餃子を超える究極の食べ合わせ。

その他の音楽以外の部分では、ご飯に魅了されて<フジロック>にハマってしまった人もいると思いますよ。

平井 確かに、そこも魅力のひとつですよね。<フジロック>はご飯が最高に美味しくて、最初に行ったときは苗場食堂のご飯ときゅうりをずっと食べ続けていました。食べた記憶が主だったというくらいに食べていたけど、すごく歩いたんですよ。ドラゴンドラに乗ってギターパンダにも会いに行きましたし、ものすごく歩いたから痩せるだろうと思っていたら、まさかの増量でした(笑)。

どれだけ食べていたんだろう(笑)。

平井 ドラゴンドラの乗り降り場のすぐそばにあるお店で、ウイスキーのソーダ割りを買ったんですね。苗場食堂近くで売っていた鮎の塩焼きと一緒に味わったら最高の相性で、あんぱんと牛乳、ビールと餃子を超える究極の食べ合わせを見つけちゃったんです(笑)。「ここまで合うものが世の中にあるんだ……!」と打ち震えて、「来年も来たら絶対にこれを食べよう!」と決めていたけど、食の記憶は自分の中ですごく美化されることもあるので、次は感動しないかもしれないなという思いもありました。高まる期待をセーブしながら、2014年に食べに行ったら「これだ……!」ってすごく美味しかったのを再確認できました。今年も必ず食べに行きます。

2014年はプライベートだから、もっと美味しく感じたかもしれませんよね。ちなみに2014年はどれくらいの期間で滞在したんですか?

平井 一泊二日です。金曜日入りの土曜日帰りで参加しました。タイムスケジュールを自分で立ててしまうと効率がいいのかもしれないですけど、逆にあわてたり、焦ってしまいそうで勿体ないと思ったので、2014年は決めすぎずぶらぶら歩いてまわるのを楽しみにして過ごしました。通りすがりに気になるステージがあったら観る。それくらいの気持ちで行こうと。ふとした出会いというか、いいアーティストに巡り合うのも<フジロック>の魅力だと思います。

2013年の畠山さんに続いて、心を撃ち抜かれたようなステージはありましたか?

平井 14年はベースメント・ジャックスですね。大友良英さんの盆踊りをオレンジコートまで観に行く前後にたまたま巡り合って、「なんだこれは!」と。あのバレエのパフォーマンスだったり仮面の衣装だったり、体験したことのない世界観に圧倒されてしまいました。

去年のベースメント・ジャックスは各方面から絶賛されていましたね。毎回いろいろなパフォーマーが出てきますけど、去年が一番良かったと聞いていて。

平井 「ステージにバレエダンサーが出てきて〜」なんて、言葉で聞くと「一体どんなライブなんだ?」と少し身構えてしまいそうですけど、本当に完成されていて、かっこよかったです。あまり聴いたことがなかったジャンルの音楽なんですけど、すごくハマってしまったというか。