サンボマスター フジロックから武道館へ繋がる道【FESTIVAL ECHO ’17×瓦版特集 vol.2】

2007年のグリーン以来、10年ぶりにフジロックに帰ってくるサンボマスター。ルーキーに出演した年の12月にメジャーデビュー。今年の12月には初の武道館ライブがひかえている。魂の叫びが苗場にこだまする。

フジロックは、バンドマンにとってもファン目線でいられる

サンボマスターは2003年にルーキーステージに出演しています。

木内 出られたのは縁なんだと思います。あるイベントに友だちのバンドが出られなくなり、たまたま僕らが出た。そのときに「もしよかったら、フジロックにルーキーステージがあるんだけど、そこにエントリーしてみないか」って言われたんです。

山口 フジロックだけど、ゲートの外だっていうことをやたら強調されて。

近藤 ライブハウスで毎日ライブを続けているバンドなんで、フジロックはおろか、ロックフェスは別世界のものだと思っていましたね。

木内 フェスに出るってことに関して現実味を持っていませんでしたから。

その年の12月にファーストアルバムをリリースし、翌年もまたフジロックに出演しました。

山口 フジロックで、レッドマーキーでやらかしてやろうと、間違いなく思っていましたね。

近藤 当時としては、一番大きなキャパシティのところでのライブでした。あれだけ多くの人の前でライブをしたのは初めてのことで。

木内 人が入りきれなくて溢れていましたからね。5000人くらいいたんじゃないかな。

山口 多くの人が集まってくれてうれしかったですよ。すげえ燃えたっていうか。ワーッと盛り上がってライブが終わって、もう失敗することはないんだなってホッとしたことをよく覚えています。

今年10年ぶりにフジロックへ戻ってきます。

木内 こっちはいつも出たいと思っているんですから(笑)。ルーキーに出たときから、フジロック出たい度はちっとも変わっていないんですよ。

山口 今年は誰が出るの?なんて毎年話していますよ。出演アーティストの発表を見て、「今年はいいね」とか言ったりして。だから僕らとしては毎年でも出たいんですよ。呼んでいただいてすごく光栄だし、自分たちにとってフジロックは特別なものだし。フジロックは、バンドマンにとってもファン目線でいられるロックフェスなんですよね。

DET_0006-1140x761 サンボマスター フジロックから武道館へ繋がる道【FESTIVAL ECHO ’17×瓦版特集 vol.2】

9枚目のアルバム『YES』がリリースされました。このアルバムのコンセプトは?

山口 自分たちが出した半径1メートルくらいにある音を残したいと思ったんですね。自分の出している音と再生されてスピーカーから聞こえてくる音ってどうしても違うなって思って。それで話して、2017年の録り方だったらそれができるかもしれない、と。けれどそのかわりに、音を圧縮したり、伸ばしたり、迫力出したりするみたいなものを使わない。なぜなら衝動を出すっていうことは、ポンと音を出したら、そのまま出すっていうことだから。

近藤 極限まで無駄を省いて必要なものだけを並べるという音作りを徹底してやったうえで録る、という録音でした。

山口 イギリスのブリストル、西ロンドン、南アフリカのダーバンとか、新しい音楽がどんどん生まれているなかで、ロックンロールもダンスミュージックであったりとか、すごくポリティカルであったりとか、人の心を鼓舞するものであったりとか、ロックはそうあるべきものなので、そういう力を持つようには録ったつもりです。

フジロックでは、このアルバムの曲が演奏される?

山口 もちろんやると思います。だから練習しなきゃ、と。

そして12月には初の武道館公演も予定されています。

木内 ルーキーに出させてもらったときにやった曲などを収めた初のアルバムをリリースしたのが、その年の12月3日だったんですね。

山口 今年の12月3日に初の武道館公演をやらせていただきます。これも何かのご縁かなと思って。

近藤 武道館と同じように10年ぶりのフジロックも楽しみだと言ってくれる方も多くいるんですよ。

山口 そう言ってもらえると、僕らもうれしいですね。

Text by菊地 崇
Photo by 須古 恵

feseco-2017 サンボマスター フジロックから武道館へ繋がる道【FESTIVAL ECHO ’17×瓦版特集 vol.2】

★「Festival Echo ’17 フェス・エコ」は岩盤、タワーレコード渋谷店、HMV、BEAMS、Jeep販売店、OSHMAN’S、CHUMSなどの各店舗で手に入ります。
(※一部店舗を除く)

サンボマスター

DET_0062-1140x768 サンボマスター フジロックから武道館へ繋がる道【FESTIVAL ECHO ’17×瓦版特集 vol.2】

山口隆(唄とギター)、近藤洋一(ベースとコーラス)、木内泰史(ドラムとコーラス)からなるスリーピースバンド。2000年に結成され、2003年12月にメジャーから初のフルアルバム『新しき日本語ロックの道と光』をリリース。フジロックには2003年にルーキーアゴーゴーに出演。2004年レッドマーキー、2005年ホワイトと連続して出演。今年10年ぶりに苗場に帰ってくる。最新作は5月にリリースされた『YES』。12月には初の武道館公演も予定されている。

music140217_fujirock1 サンボマスター フジロックから武道館へ繋がる道【FESTIVAL ECHO ’17×瓦版特集 vol.2】
INFORMATION

FUJI ROCK FESTIVAL’17

2017.07.28(金)、29(土)、30(日)
新潟県 湯沢町 苗場スキー場
OPEN 09:00/START 11:00/CLOSE 23:00(予定)

INFORMATION

FUJI ROCK FESTIVAL OFFICIAL SHOP【岩盤/GAN-BAN】

住所:〒170-0013 東京都豊島区東池袋1-50-35 池袋 P’PARCO B1
営業時間:11:00 – 21:00
定休日:不定休(PARCO休館日に準ずる)
TEL/FAX:03-5391-8311

岩盤オフィシャル