実は音楽マニア! 片瀬那奈が語るほぼ皆勤賞なフジロックの魅力

各界のキーパーソンによって<フジロック>の魅力を語り尽くすコーナー「TALKING ABOUT FUJIROCK」。今回登場頂くのは女優として活躍している片瀬那奈さん。以前、当コーナーに登場した沢尻エリカさん、玉山鉄二さんや山田孝之さんとも友人な彼女。実は根っからの“マニアック”なミュージック・ラヴァーだったのです(※撮影の際、“なぜ私に先に声をかけなかった!”とキュートにおっしゃられていたのが印象的)。<フジロック>は、豊洲で開催された1998年の第2回目から皆勤で参加という根っからのフジロッカー。様々な思い出を語る様子から、これは本物の音楽ファンだと確信しました。だって、<フジロック>でのベストアクトがプレフューズ73だそうですよ。というわけで詳しくお話を伺ってきました。片瀬那奈さんによる<フジロック>・トークをお楽しみ下さい!

INTERVIEW:片瀬那奈

片瀬さんの<フジロック>歴から教えてください。

片瀬

豊洲でおこなわれた2回目から参加しています。本気で参戦したのは3回目の苗場からですね。初回も行きたかったんですけど、前例がないからどう挑んでいいのか考えてしまって。レイヴ慣れはしていたんですけどね。レッド・ホット・チリ・ペッパーズがすごいことになっていると聞いて、行けばよかったと思いながら2回目から皆勤賞です。

それはかなりのフジロッカーじゃないですかっ。<フジロック>唯一の都市型開催となった、豊洲はいかがでした?

片瀬

都心から近かったですし、地元でやっている気分でした。ビョークが大好きだったので、こんな近くにビョークが来てくれてるってだけでもテンションがあがりましたね。

今年は、片瀬さんも大ファンのレッド・ホット・チリ・ペッパーズが出ますね。

片瀬

ベックも出るし20周年感ありますよね。

女優業って、撮影など時間をとられて予定を計画しづらい職業だと思いますが、<フジロック>皆勤賞ってすごいですね。

片瀬

マネージャーさんにまず、年間スケジュールの中で<フジロック>を真っ先に押さえてもらいますからね(笑)。

さすがです! 片瀬さんは<フジロック>をどんな楽しみ方をされていますか?

片瀬

若いときはこのアーティストが出るからとか、目当てが気になる感じだったんですけど、ここ数年は<フジロック>自体の場所と空気を求めていますよね。7月の後半に向けて1年をがんばるっていう感覚なので。もはや生活の一部なんですよ。目的というより、ただその場所にいたいという気持ちですね。だって、あの空間を思うだけでワクワクするじゃないですか? ソワソワしちゃいますよね。終わった後は、<フジロック>ロスもありますし(泣)。また来年かぁっていう。

“あの国で生活していたい”って気持ちですよね。それこそ、<フジロック>への思い出はたくさんありそうですね?

片瀬

7年前、テントを一番最初に張ったことあるんですよ。前夜祭も一番乗りで参加して。あれは忘れられませんね。見晴らしの良い丘にテントを立てて気持ちよかったなぁ。ライブのベストアクトは、2005年にプレフューズ73がホワイト・ステージでツインドラムでやったときですね。衝撃的にすごかったですね。

おおお、まさかのプレフューズ73とは。もともとかなりの音楽好きなんですか?

片瀬

歌手をやっていたのもあるんですけど、自分で打ち込みもしたりするので、作るのも聴くのも踊るのも大好きなんです。

踊れるエレクトロな音楽がお好きなんですか?

片瀬

ルーツはもともとはヒップホップとR&Bですね。高校のときダンス部だったので、ダンスを作るのでヒップホップをやっていたんです。はじめてニューヨークに行ったときに、たまたまサシャを聴いて感動しました。こんな至福な音楽があるんだって。そこから四つ打ちだったりトランスが好きになりました。それで野外フェスにも行くようになりました。

それこそご自身でやられていた音楽もハウスな歌モノでしたよね。

片瀬

そうですね。一応四つ打ちと2ステップをメインにしていました。

<フジロック>では、各ステージをまんべんなくまわるタイプですか?

片瀬

もともと歩くのが好きなんですよ。ステージで言えば、音楽的にはホワイト(・ステージ)とレッドマーキーが好きですね。<フジロック>に出てから有名になるアーティストは本当に多いし、意外と目をつけていないアーティストでもふらっと歩いているときに聴こえてきて好きになることがあるんです。その後、スターになっていくみたいなね。レッドからのし上がってホワイトいってグリーン(・ステージ)っていう。なんか応援したくなるんですよね。

今年の面子だとどのへんに興味がありますか?

片瀬

ディスクロージャーが楽しみですね。あとベックが久しぶりだなっていうのとバトルスもすごい好きだし。国内だと、Suchmosに注目していたので生で体験したいですね。

かなりチェックされてますね。

片瀬

もう趣味ですから。毎日、ネットで夜な夜なミックスを探したり、ネットサーフィンしています(笑)。

情報源とかあるんですか?

片瀬

一人で勝手にネットしています(笑)。たとえばディスクロージャーだったら、リミックスをやっている人を検索して広げていったりしますね。あと、音楽の趣味があう友人たちと、DJして音楽で盛り上がるのは好きなんです。

そうなんですねぇ。片瀬さんのプレイリストが気になります。

片瀬

知らないことを知りたいんですよ。わからないことは知りたいし、興味とか好奇心はすごくある方だと思います。