海外フェス事情から導き出す!残る一組のフジロックヘッドライナー予想!

世界のフェスを渡り歩いた「Festival Junkie」がお届けするフジロックコラム第二弾。海外フェス情報を盛り込みながら、世界のフェスカルチャーにおける日本代表<FUJI ROCK FESTIVAL>を語っていく連載企画。

今回は先日発表されたラインナップを踏まえて、残りの1枠のヘッドライナーを勝手に予想! ミューズ、フー・ファイターズが発表されたことで、ヘッドライナー残り1枠の予想合戦をインターネット上でよく見かけるようになったが、「Festival Junkie」も過去のデータ&今期の海外フェス事情からヘッドライナーを大胆予想! 当たろうが外れようがこうやって妄想するところから<フジロック>は始まっていると思うので、皆さんご一緒に妄想してみませんか?

世界の主要フェスから見える今年のトレンドは?

resize_feslist 海外フェス事情から導き出す!残る一組のフジロックヘッドライナー予想!

世界のフェスを渡り歩いた「Festival Junkie」がお届けするフジロックコラム第二弾。海外フェス情報を盛り込みながら、世界のフェスカルチャーにおける日本代表<FUJI ROCK FESTIVAL>を語っていく連載企画。

今回は先日発表されたラインナップを踏まえて、残りの1枠のヘッドライナーを勝手に予想! ミューズ、フー・ファイターズが発表されたことで、ヘッドライナー残り1枠の予想合戦をインターネット上でよく見かけるようになったが、「Festival Junkie」も過去のデータ&今期の海外フェス事情からヘッドライナーを大胆予想! 当たろうが外れようがこうやって妄想するところから<フジロック>は始まっていると思うので、皆さんご一緒に妄想してみませんか?

世界の主要フェスから見える今年のトレンドは?

resize_feslist 海外フェス事情から導き出す!残る一組のフジロックヘッドライナー予想!

妄想するにも何らかの根拠が必要! というわけでまずは上の表をご覧頂きたい。エクセルをこんな形で活用する日が来るとは思ってもいなかったが、主要フェス(今回はUKとUSに限定)の過去10年のヘッドライナーを表にまとめてみた。<フジロック>(左端)と<サマーソニック>(右端)のラインナップも併記し、同年にヘッドライナーが重なったアーティストに色付け(フジロック:赤、サマーソニック:青)を行っている。

ここで改めて確認できるのが、UK/USの主要フェスのヘッドライナーと同じアーティストがヘッドライナーを務めていることが多いということ。ツアーやリリースの関係でそうなるのは当たり前だが、フジロックは10年で9アーティスト、サマーソニックは7アーィストの重なり(対UK/US主要フェス)があった。というわけで、10年分のデータをもとに今年主要フェスにヘッドライナーとして出演するアーティストがフジロックのヘッドライナーに選ばれる可能性を3段階で評価付けしていく。
(★来るかなあ ★★来るかもね ★★★来るでしょ! Festival Junkie調べ)

■メタリカ @ <Reading/Leeds Festival>(★☆☆)
もしそうなれば、2013年<サマーソニック>と同じ組み合わせ(ミューズ/メタリカ)になってしまうので、流石に可能性は低いと予想。ただし逆パターンはあり。(FRF06/SS11でのRHCP/ザ・ストロークス)

■マムフォード&サンズ @<Reading/Leeds Festival・Bonnaroo>(★☆☆)
UK、USそれぞれの主要フェスに出演も、<フジロック>には2013年に出演しているので可能性は低めか。

■リバティーンズ @<T in the Park>(★☆☆)
そもそも入国はOKなのか謎。とにかくまずはヨーロッパ圏内のフェスが優先だと思われるので星1つ。

■プロディジー @<Isle of Wight>(★★★)
フジロックの前週はスペインのフェスに参加で、それ以降のツアースケジュールは発表されていない。3月に新作リリースも控えていることを考えるとタイミング・スケジュールともに大アリ!

■ブラック・キーズ @<Isle of Wight>/<The Governors ball>(★★☆)
4月の来日公演がやや引っかかるが、11年振りのフジロックに死角なし? ヘッドライナーとしてグリーンに立てるのか楽しみ。ただしUK寄りのフジロックのヘッドライナーが3組中2組USになるというのがやや気になるところ。

■フリートウッド・マック @<Isle of Wight>(★☆☆)
実現したら20年振りの来日だが、やや非現実的か。単独来日の方が可能性あり?

■AC/DC @<Coachella>(★☆☆)
苗場上陸有力候補だったが、<フジロック>と同週末にポーランドでライブがあるため可能性は低め。移動含め中1〜2日の強攻策には出ないはず。<サマーソニック>に期待。

■ジャック・ホワイト @<Coachella>(★★☆)
7月はスケジュールもガラ空き。<フジロック>は2012年以来となり3年空いているのでそろそろ苗場再上陸の可能性も。ただブラック・キーズ同様3組中2組がUSになってしまうのが個人的に気になるので星2つ。

■ドレイク @<Coachella>/<The Governors ball>(★☆☆)
初来日&ヘッドライナーとなると話題性も抜群だが、参加はあるにせよ苗場でいきなりヘッドライナーの可能性は低めか。

■ビリー・ジョエル @<Bonnaroo>(★☆☆)
米国内での活動が中心のため可能性は低いと予想。フリートウッド・マック同様、単独公演に期待。

■デッドマウス@<The Governors ball>/<Bonnaroo>(★☆☆)
フジロックのヘッドライナーを務めるタイプではないが、夜の苗場で観たい、跳ねたい、被りたい。

■ケミカル・ブラザーズ @特別枠(★★★)
年表を見て気付くのは定期的にケミカル・ブラザーズの名前が挙がってくるということ。ここ10年は3〜4年に一度のペース。(04、07、11)この法則に乗っ取ると今年は4年振りに苗場で“スター・ギター”か?

★★★…プロディジー/ケミカル・ブラザーズ
★★…ブラック・キーズ/ジャック・ホワイト

ミューズとフー・ファイターズが揃い踏みする2フェスから予想

resize_rockwerchter 海外フェス事情から導き出す!残る一組のフジロックヘッドライナー予想!

次は違った視点からもヘッドライナーを予想してみたい。先日発表されたミューズ、フー・ファイターズという2組が揃って参加する海外フェスが実は存在するのをご存知だろうか。同じような条件やスケジュールで世界を飛び回っているアーティストたちが一堂に会すのがフェスなので、ラインナップが似通うフェスがあるのは当然のこと。ということはこのラインナップの中からフジロック最後のヘッドライナーが潜んでいる可能性も大いにあるはず!

というわけでまずはベルギー開催の<ROCK WERCHTER>というヨーロッパを代表する老舗フェス(上の画像)を見て欲しい。この中で<フジロック>のヘッドライナーとして可能性がありそうなのは、ファレル・ウィリアムス、レニー・クラヴィッツ、カサビアン、ノエル・ギャラガー、そしてケミカル・ブラザーズ。ただ昨年<SONIC MANIA>で来日したカサビアン、<フジロック>と同じ週末にイタリアでのフェス(日・月でそろぞれ別のフェスに出演)が決まっているレニー・クラヴィッツに関しては可能性がかなり低いと予想。ここ数年で世界を制した感のあるファレル、4月の来日公演が気になるものの新作リリースのタイミングは文句なしのノエル、そして例の法則のケミカル・ブラザーズ、この3組は可能性アリ!

resize_pinkpop 海外フェス事情から導き出す!残る一組のフジロックヘッドライナー予想!

★★★…ケミカル・ブラザーズ
★★…ファレル・ウィリアムス / ノエル・ギャラガー

前半部分と合わせると、星3つがプロディジーケミカル・ブラザーズ。星2つがブラック・キーズジャック・ホワイトファレル・ウィリアムスノエル・ギャラガー。どうしてもUS2組というのが想像しづらかったので、このような予想になりました。時間をかけて表を作ったわりにインターネットで見かける予想と重なってしまう部分も多いですが、個人的には自信アリの予想! みなさんの予想はいかがだったでしょうか? こうやって予想して当たったり外れたりするのも<フジロック>の醍醐味ですよね。残り1枠を発表まで勝手に妄想を膨らませて気長に待ちましょう。

nekomeguro-m4500acrce5iq7ltm6eda3a2h2qqupqkukp1a2n62w 海外フェス事情から導き出す!残る一組のフジロックヘッドライナー予想!

著者プロフィール:nekomeguro

世界最大の音楽フェス<グラストンベリー>に参加したことがきっかけで、突然広告会社を退職し英国に移住。ロンドンで海外フェスプロジェクト「Festival Junkie」を立ち上げ、世界中の音楽フェスに潜入取材を行っている。現在は東京とロンドンを拠点に音楽マーケター/ライターとして活動中。執筆メディアはVICE、Qetic、EDM MAXXなど多岐にわたる。今年4月にフェス特化型プレイリストサイト「PLAYFEST」をOPEN。
Festival Junkie
FJ Facebookページ
PLAYFEST


INFORMATION

FUJI ROCK FESTIVAL OFFICIAL SHOP【岩盤/GAN-BAN】

住所:〒170-0013 東京都豊島区東池袋1-50-35 池袋 P’PARCO B1
営業時間:11:00 – 21:00
定休日:不定休(PARCO休館日に準ずる)
TEL/FAX:03-5391-8311

岩盤オフィシャル