音楽好き芸人ハライチ、今年はふたりでフジロックへ行こう!?お気に入りのロックTシャツ対決も!

2016.06.30 SPECIAL

<フジロック>を愛する芸人代表として今年は3度にわたりこの富士祭電子瓦版にご登場いただいたハライチ・澤部佑さん。今回はコンビを組む相方の岩井勇気さんに登場いただき、コンビ揃って<フジロック>へ行くのか行かないのか、お互い自慢のロックTシャツを見せ合いながら問答していただきます。

一方、<フジロック>の過酷なアウトドア環境をオフィシャル・スポンサーとしてサポートするアウトドアブランド「コロンビア」が、今年も<フジロック>とのコラボTシャツを発売!悪天候必至ななかで役立つポンチョや高機能Tシャツを武器に、岩井さんを<フジロック>へ連れて行こう作戦、始まります。

Interview:ハライチ

1_MG_2471

今回は、ついに今年の澤部さんシリーズの最終回です(笑)。岩井さんも澤部さん同様に音楽が…

岩井

好き、ですね。基本的に僕は邦楽ばかりですが。

澤部

僕が聴くのは洋楽メインなので、ふたりで音楽の情報交換をするようなこともなかなかないんですが。岩井はスピッツの大ファンで、僕が「花鳥風月」というアルバムだけは持っていて。

岩井

数あるスピッツのアルバムの中でも「花鳥風月」を持ってるって結構ツウだな、と思ってるんですよ。

澤部

…って認めてくれるんですね(笑)。なので、ふたりの間の音楽の話題っていうと、もうそこだけで繋がっている感じですね。

2_MG_2422

(笑)フェスに関しては一緒に行かれることはあるんですか?

澤部

今までには無いんですよね…。去年、岩井が仲良くさせてもらっているthe telephonesが<フジロック>に出るっていうんで、一瞬岩井も「行こうかな」なんて言ってたんですけどね。当日も「来てるんじゃないか?」「もしかしたらこの辺りにいるのでは?」なんて岩井を頭に思い浮かべながら会場を歩いている時間がありましたよ、僕は。

岩井

僕は基本的に“在宅系”なんですよ。在宅で音楽たのしむ派。<フジロック>だったら電気グルーヴさんとかは観てみたいですが。いざちゃんと観ようとなると大体どうしてもワンマンライブに行ってしまいがちで…。

是非、澤部さんから岩井さんを<フジロック>に誘ってみてくださいよ。

澤部

そうだなあ、でも岩井は基本的に外でないもんなあ。大自然っていうのがさあ、いいんだよ!!

岩井

……(無反応)。僕はね、野球場がもうダメなんです。みんなはっちゃけてて、派手な人がたくさんいるっていう…。そういう野球場みたいな空気感が<フジロック>にはある気がする。

3_MG_2453

澤部

なんだよ、野球場の空気って(笑)!

岩井

野外だからみんなちょっと気が大きくなってるような、ね。いろんなバンドが一堂に会しているとありません?勝った・負けた、みたいな空気が。

澤部

好きなアーティストのTシャツを着てそこにいる感じもね。だから、球場行く人がテンション上げるためにユニフォーム着ていってるのと同じだよ!ってことですよね。身も心もそのアーティスト・フェスに注いでいるという意味で。

岩井さんはロックTシャツとかフェスTシャツはあまり持っていないですか?

岩井

スピッツのTシャツは着ますが、フェスTはロックインジャパンのものを数枚持っているだけかもしれないです。あ、スピッツ主催フェス(「ロックロックこんにちは!」等)のTシャツはたくさん持ってますけども。

澤部

テレビに出る時の衣装としても本当によくスピッツのTシャツは着てるよね。彼(岩井さん)の着るTシャツといえば、ほぼスピッツですよ?

岩井

僕、Tシャツ自体あんまり私服で持っていないから“Tシャツを着る”ってなるとスピッツになっちゃうんです。

4_MG_2438

澤部

スピッツさんもお前のことを話してくれてるんだよね?

岩井

そう…。ファンクラブの会報が届いて読んでいたらその中で「ハライチの岩井くんが僕らの曲聴いてくれてるみたいで」と話してもらっていたり。それこそファンクラブのイベントに行ったらMCのなかで“映画版スピッツ”をつくるとなったらキャスティング誰がいいかという話題になって、芸人さんでキャストかためるのもいいよね、なんて話になったら、草野さんが「じゃあ僕ハライチの岩井くんがいいな」とか言ってくれたりして。僕はそのステージからほんの5メートルくらいの場所で普通にファンとして見ているのに!うわーってなりますよね。